平成二十九年新春

 明けましておめでとうございます。

 平成二十九年は丁酉(ひのと・とり)の年です。
新たな甲(きのえ)の年である平成26年甲午(きのえ・うま)から四年目となります。
つまり、甲-乙-丙-と植物が堅い殻の種から芽を出し、地上に出て成長していく様を表したものです。

 は、酒のさんずい編を取り除いたもので、酒甕や壺を表します。
転じて、酒甕の中で麹が蒸れ発酵している様子になります。

つまり、
丁酉(ひのと・とり)は、旧来の勢力が繁栄して、陽の氣が勢いを増す中で、徐々に内部で醸成されてきた新しい勢力が、旧来の勢力と爆発的な衝突を起こす様を表しています。

 したがって、
 体制の改革をどんどん進め、爆発を未然に防ぐよう努力をしなければならない、ということになります。
それを行わず逡巡していると、来年戊戌(つちのえ・いぬ)の年に紛糾することになりかねない、と。

 米国では新大統領が誕生し、世界中が変動の波に洗われるかのようです。
我が日本は、支那・南北の朝鮮情勢を鑑みると、日清戦争・日露戦争当時に比すべき非常な国難に差し掛かってるといえます。
軍事力の増強なども喫緊の課題です。
すべては今後どのように自己改革を遂げるかに掛かっています。
posted by 翠運勢鑑定所 | こ・こ・ろ